SUGGY BLOG

デザイナーに詳しくなろう!③デンマークデザインの「ファースト・レディ」、ナナ・ディッツェル

こんにちは、
終わりかけの夏が美しいコペンハーゲン生活を堪能しているSUGGYです!

コペンハーゲンというと様々なブランド、デザイナーが名を連ねているのでひとつひとつ紹介するのは大変です。
そんな中、やはり最初はデンマークデザイン界の「ファーストレディ」ナナ・ディッツェルを尊重して、彼女について紹介したいと思います♪

英語で詳しい記事も読めるので、以下も参考にしてみてくださいね↓↓
Nanna Ditzel, First Lady of Danish Furniture Design

8cc5903b8c55a1431db0d554a20a8743 6ccb178e5ddc488ad02a6576085f3fd8
Image: 1960s Modernism as Featured in Architectural Digest

 ナナ・ディッツェル(1923-2005)はコペンハーゲン出身の家具デザイナー。
同じく北欧の巨匠コーア・クリントとフィン・ユールから影響を受けているようです。

曲線や楕円が特徴の彼女の作品、一番有名なのはゆらゆらゆれるつり椅子(1957)ではないでしょうか。
斬新でモダンな印象ながら、なんと発表はほぼ60年前というから驚きです。

324152_33988_39937_h92oUzGnq

9327167ee2d379cfb57c4f0f940cd626

Image: Nanna Ditzel

彼女の家具デザイナーとしての出発は、子供用家具から始まりました。
下の写真の右側に写っている、重なって置かれたスツールは、子供が使いやすいマルチ用途のデザイン。今でこそ同じようなコンセプトのスツールは沢山ありますが、テーブル使いも出来る曲線の美しいデザインが、1962年に大ブームになります。

324153_33988_39937_nniPWNwTQ

tumblr_lz6irhqTGb1r4e9d3o1_1280
Image: Miss Design Says

「草花の美しさや、生物や昆虫のフォルムなど、自分が美しいと思ったものをデザインに生かしている」
という彼女ですが、このほかにも曲線の美しい王道家具は沢山!

4

イージーチェア(1952)はどの角度から身体を預けても楽な、優しくころんと可愛らしいフォルム。
鮮やかな色合いのファブリックと、ホワイト系の木材をシンプルに組み合わせているのが、いかにも北欧スタイルといった様子。

324161_33988_39937_vsyUfEZKY

有名なトリニダードチェア(1993)は鳥が羽を広げたようなデザイン。
軽く、重ね置きが出来るという実用性が、今日もデンマークの公共空間でよく使われていることの理由です。

このチェアが彼女に更なる成功をもたらし、その名を世界に広めました。

324154_33988_39937_POHl59HW9

なかなか意外と、デザイナーは男性が多いことに気づかされますよね。
男性社会の中で果敢に巨匠達と肩を並べて戦ったナナ・ディッツェル。
実際の居住空間を意識した、丸くそして暖かく、子供にも優しいシンプルな使い心地は、彼女の意思と共に今でもコペンハーゲンで愛され続けています。

こんな女性を目指して、頑張りましょう・・・・!

 

それでは今日はこの辺で♪

 

SUGGY

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMEND

    • 最大50%オフ!!リビングハウス夏のセール開催します!! 6月23日(金)より最大50%オフ!!リビングハウス夏のセール開催します!! 6月23日(金)より
    • #47 東京都 木佐様邸#47 東京都 木佐様邸
    • 体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!
    • L-EDDA DINNING TABLEL-EDDA DINNING TABLE