SUGGY BLOG

念願!パリの見本市 「メゾン・エ・オブジェ」に行ってきました♪

IMG_8504

こんにちは!

先日、コペンハーゲンで行われたインテリアの見本市「Northmodern」のレポートを書きましたが、今回はなんと!念願の、本当に念願の「メゾン・エ・オブジェ・パリ」へ行って参りました!

「メゾン・エ・オブジェ」といえば、インテリア業界でいう「パリコレ」。フランス・パリで開催される世界最高峰のインテリア&デザイン関連見本市で、世界中から業界関係者が集まるのです。今回は、リビングハウスの上の方々にひっついて、見てきたこと感じてきたこと、3つのポイントにまとめてざくっとレポートしていきたいと思います♪

※iPhoneでの撮影なので、写真の粗末さはご容赦ください・・・。

メゾン・エ・オブジェ

1.ミステリアスでどハデなインテリアが凄い!

今回特に際立っていたのが、個性的なひねりがきいたゴージャスで大胆なライン。KAREなんかもこのラインに入るっちゃ入ると思いますが、
私が今回気に入ったのは、Versmissenobjet de curiositeなど、どちらかというとミステリアスな雰囲気のブランドです。

さんご礁や化石を使ったオーナメント、動物の剥製や毛皮を使用したアイテム等々、ワイルドでミステリアスな世界が魅力です。今まであまり興味がなかったスタイルなのですが、今回のパリ訪問ですっかり気に入ってしまいました。一般宅にはちょっと・・・と毛嫌いしてる方も、思い切ってジャンプしてみる価値ありだと思います。

↓こちらはゴージャスなのにポップでもある、大胆なベットルーム。

メゾン・エ・オブジェ

 

2.やはり北欧系は強い!

王道北欧系。下にあげた写真はオランダやフランスのブランドのものですが、ポップでモダンで冴えたエッジがきいている北ヨーロッパ系は、やはり素敵だなと感じ入りました。ソファとコルクで出来たコーヒーテーブルがひたすらお洒落なpetite friture、小物が可愛いデンマークのHubschなどなど・・・。日本のコンパクトな家にもぴったりな、かわいらしいデザインが魅力です。

IMG_8507

メゾン・エ・オブジェ

メゾン・エ・オブジェ

↑このソファ、クッションも全部ついてのデザインなんですよー!

 

3.グリーン系の世界観もたまらない!

ドイツのSempreはとにかくその世界観が素敵。グリーン、グリーン、ひたすらグリーンです!コペンハーゲンの「Northmodern」のレポートで「グリーン系が多かった」ことを書きましたが、ここはちょっとレベルが違います。

メゾン・エ・オブジェ

メゾン・エ・オブジェ

一点一点のアイテムよりも、それをどう見せるか?他のアイテムとどう合わせるか?それを一番知っているブランドのような気もします。その分、買い手にもセンスが必要という意味で、このラインは難しいかもしれない・・・。

それでも、見ているだけでマイナスイオンを感じますよね?

 

そのほかにも、注目すべきものは多々!
個々のアイテムのみならず、インスタレーションの作りこみ方、照明の使い方見せ方など、デザイン面で参考になることが数え切れないほどあり、大変勉強になった4日間でした。

メゾン・エ・オブジェ

メゾン・エ・オブジェ

いかがでしたか?会場の雰囲気、少しでも伝わったでしょうか。

前回、今回と「レポートもの」が2回続きましたが、この1ヶ月で新しいインスピレーションを沢山うけたので、次回もぜひお楽しみにー♪

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMEND

    • #47 東京都 木佐様邸#47 東京都 木佐様邸
    • 体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!
    • L-EDDA DINNING TABLEL-EDDA DINNING TABLE
    • L-EDDA SOFAL-EDDA SOFA