SUGGY BLOG

いいデザインなら北欧の図書館から学べ!粋でおしゃれすぎるインテリアに圧倒♪

こんにちは、SUGGYです!
つい最近、スペインから、スウェーデンに住居を移しました!
そのため久々の投稿となってしまいましたが、この一ヶ月はインテリアの聖地北欧から、現地レポートを届けていきたいと思います♪

さてさて、現在私はスウェーデン南部のマルモという小さな街に引っ越してきたのですが、
ここの公共図書館のおしゃれさが異常すぎるので、北欧の図書館インテリアについて今回テーマにしたいと思います。

そう、日本では野暮ったいイメージのある公共施設をわざわざネタにして、インテリアを語ります。笑
変だと思われるかもしれませんし、一般住宅ではないのですが、北欧諸国は公共施設にまでインテリアデザインへの念の入れようが半端ないのです。

まず、私がいつも利用している図書館の椅子たちの写真から。

マルモの図書館は、有名なデンマークの建築家Henning Larsen Architectsがデザインしているため、隅々までデザインが工夫されています。大きな窓の側にはいくつもリーディングスペースがあって、そこにあるチェアのひとつひとつがデザイナーもの。

工夫された遊び心のあるデザインが多いので、インテリア好きにはたまりません。
例えば↓の写真は同市の大学の図書館ですが、U字型のシンプルなシェープが、テーブル付のチェアとして機能しています。なにかとPC作業の多い現代人には嬉しい、工夫のきいたデザインですよね♪

職場、図書館、駅など・・・自分の自宅以外の場所では、インテリアデザインは無関係と思っていないでしょうか。
職場スペースのインテリアについては前回も記事を書きましたが、インテリアデザイン好きな一人の人間として、良いデザインはもっともっとプライベートスペース以外にも出て行っていいのではと考えます。

世界には、これでもかとインテリアに手を込んだ公共施設がまだまだありますよー!

建物だけではだせない、インテリアデザインだからこそ出来る内部空間の心地よさ。
カフェでパソコン片手に仕事をする人が増えていますが、お洒落かつ勉強にも集中しやすいスペースがもっと世の中にあれば、しかも公共施設のように無料なら、いうことなしですよね!

インテリア大好きな私は今回、北欧の図書館のおしゃれーな家具達に考えさせられました。
皆さんも、引越しなど特別な機会にだけインテリアを考えるのではなく、ライフスタイルのひとつとして、日常の中でインテリアデザインを気にしてみてください♪

毎日が、もっともっと楽しくなります!

以上、SUGGYでした~♪

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMEND

    • 最大50%オフ!!リビングハウス夏のセール開催します!! 6月23日(金)より最大50%オフ!!リビングハウス夏のセール開催します!! 6月23日(金)より
    • #47 東京都 木佐様邸#47 東京都 木佐様邸
    • 体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!
    • L-EDDA DINNING TABLEL-EDDA DINNING TABLE