staff03_img01

■ どうして家具インテリアの業界に入ったのですか?

もともとは家具が大好きでこの業界に入ったわけではなくて、家具に関わらず建築物から家電まで色々なセンス良くデザインされたものを見ることが好きで、そういったモノの販売業であればご来店頂いたお客様と同じように興味や楽しみを共感できると思ったからです。

リビングハウスでは1人のスタッフがお客様の担当として付かせて頂きます。ご結婚で賃貸へ引越しをされる時が最初の出会いで、その後にお子様が生まれた時、家族の家具探しをご紹介頂いた時、そして戸建を購入して引越しをする時。ご来店頂いて、数多くあるケースではないのですが、長い期間にわたってお付き合いをさせて頂けることがあります。

そのような家具販売を通じてお客様の時間の流れを見られる楽しみは格別です。

■ もしも、今あなたが100万円分家具を買っていいとするならば、どんな家具を買いますか?

オリジナルの下駄箱を製作する。お洒落な下駄箱って本当に販売されていないんです!

■ 自宅のお気に入りのインテリアシーンの写真をみせてください

『パッチワークテーブル』
1級古民家鑑定士兼インテリアデザイナーの高野淳二氏の作品で今では廃盤となっている名作ダイニングテーブルです。天板はアンティークの和ダンスの扉をパッチワークの様に繋ぎ合わせた味わいと楽しさのあるデザインで見るたびにうっとりしています。

■ お休みの日は何をしていますか?

引越しをしたばかりなので、部屋の片付けと居心地のいい部屋にするためのDIYと日々奮闘しております。そして休日はほぼ必ず、少し面倒だと思い始めている息子と近所の銭湯へ行っております。

あなたは、お客様にどんなご提案ができますか?

お引越しを控えられている方、これからお家を建てられる方で、一番多く言われる言葉が「引越しをしてからじゃないとイメージが沸かなくて・・・」

そんな時にオススメなのが当社で好評の3Dインテリアコーディネートプランです。PCが得意な私にお任せして頂ければ作成後のお打ち合せの時にでも、お客様のご要望をすぐに更新出来ますので、納得がいくまで見て・聞いて下さい。

 

»スタッフ紹介一覧へ戻る
»堀江本店ブログへ