柴田

柴田

柴田 洋平■ どうしてインテリアの業界に入ったのですか?

子供の頃から物づくりが好きで、高校を卒業する頃からインテリアデザインに興味が湧きはじめ、大学は建築学科に進んだことがベースになっています。

リビングハウスへの入社のきっかけは、インテリア業界の中でも一番「オシャレさ」を感じたからです。「こんなオシャレな会社で働きたい!」と思いました。 入社してからは、大変な事の連続でしたが、お客様と接することの楽しさ、ご提案させて頂きお客様に喜んで頂くことは、やりがいです。
■ もしも、今あなたが100万円分家具を買っていいとするならば、どんな家具を買いますか?

100万円あったら、自分でデザインした家具…、とりあえずソファを作りたいです。と言っても、今自分がどんなソファが作りたいかイメージがないので、今は貯金で。(笑)「どんな家具を作りたいか」を探すために、世界を回る費用込みこみの100万でお願いします。

柴田 洋平
■ お休みの日は何をしていますか?

スタバで、人生のライフスタイルプランを考えています。計画ばかり考えていて、なかなか実行に移せていないので、まずは目先に小さくしないといけませんが…。

リビングハウスには以前ドリカムシートという、これからの人生10年計画表があったのですが、今このプランニングの大切さがとても分かります。 50年後の自分がどうなっていたいか、に対して、40年後、30年、20年10年、5年、1年、半年後、明日、何をするか。それで未来は変わってきますよね。 その為に、スタバの、カフェモカで5時間ねばってます。(笑)5時間も居ると、いろんなお客様がいらっしゃって、その面白さも一つです。

柴田 洋平

 

■ あなたは、お客様にどんなご提案ができますか?

私に指名して頂けると、「聞く聞く接客」でお客様が今お困りのライフスタイルに対して、より良く過ごして頂ける空間をご提案致します。

普通っちゃー、普通ですが。 やはり家具は高い買い物ですし、失敗したくないですし、今の生活より、より良くならないと楽しめないと思います。なので、お客様が今どんな空間に住んでいらっしゃり、どんな家具を使っていて、何が不便だったのか、これからどういう暮らしをされたいのか、を聞かせて頂いき、より良い空間を一緒に作っていけたらと思っています

 
»スタッフ紹介一覧へ戻る