そごう広島店ブログ

新作calore(カロレ)の無垢材ダイニングセットのご紹介!

こんにちは。

広島店の山内です。

昨日の帰路・・・

すごい土砂降りの雨で団地の坂が川のようになっていました。

おかげで履いていた靴もずぶ濡れになり あーーー・・・  とへこみながらの帰宅でした。

思えば小学生のころ、傘もささずに雨水の流れている場所に足を突っ込んで楽しかったなぁと少し懐かしい気持ちになりながら、雨だからってもイヤなことばかりじゃないよなと思いなおした日になりました。

 

 

さて、そんな『懐かしさ』を感じさせてくれる、新作calore(カロレ)のリビング&ダイニングアイテムのうち、今回はダイニングセットをご紹介したいと思います。

その前にまず、calore(カロレ)という名前の由来ですが、イタリア語から “ぬくもり” という意味をあらわす単語になります。

人とのつながりの大切さを忘れあたりまえになってしまってはいませんか?

そのつながりから生まれるぬくもりを感じてほしい。

手に触れる木のやさしいぬくもりや、その家具を作る作り手の手のぬくもりを感じてほしい。

そんな想いをこめてこの商品たちはデビューしました。

 

では、ぬくもりとこだわりいっぱいのcalore(カロレ)をご紹介します。

ダイニングセットの全体の雰囲気はこちら! カロレ① 木の杢目がやさしい雰囲気ですよね!

国産のくるみ材を使って、造られています。

どこか懐かしい、昔からそこにあったようなそんな気さえしてきますよね。

 

2~3人掛けのあたたかみのあるベンチのデザインはこちら!

後ろ姿がきれいでしょう! カロレ④ 格子のデザインなのでお部屋をすっきり、広く、見せてくれるのに加えて、天然木ならではの1本1本の色の違いも、見て楽しむことができます。 カロレ③ じつは、ベンチの座面には座ぐりというおしりのカーブのような磨きが入っており、座ったときにとても気持ちが良く、座り心地もとても良いです。 チェア チェアは2種類のデザインから選べ、1つは布張り(柿渋帆布)の座面、1つは板座になります。

この張られている布は、柿渋染めを施した岡山県倉敷市でつくられた帆布を使用しています。

柿渋染めの生地は、抗菌性、耐久性に優れているため永く使っていただく家具にはぴったりですね。

この家具を使っていくうちに刻まれるキズなどもあじわいに変わりどんどん良く変わっていきますので是非永くお使いいただきたい家具です。

カロレ② 手前にうつる小さなスツール。

これもお客様がこられたり人数が増えたときに最適ですよね。

家族みんなでチェアやベンチ、スツールに座って、テーブルを囲んでわいわいおしゃべりする光景が浮かびます。

 

calore(カロレ)のシリーズは、木部の仕上げにも柿渋を使用します。

すべて天然。そのままの素材を生かした仕上げにこだわった商品になります。

是非実際に手に触れ、ぬくもりを体感くださいませ。

 

★リビングハウスの最新情報はfacebookから是非!★

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMEND

    • #47 東京都 木佐様邸#47 東京都 木佐様邸
    • #60 兵庫県 M様邸#60 兵庫県 M様邸
    • L-EDDA TV boardL-EDDA TV board
    • at will DINING CHAIRat will DINING CHAIR