映画とインテリアブログ

映画とインテリアブログ 「第20作目」

1月は「往ぬ」2月は「逃げる」3月は「去る」と昔の人は良く言ったもので、
2015年が始まってあっという間に3月です。

着実に春の気配が濃厚になっていくこの季節、
街行く人々の装いも鮮やかな色目が目立ち始めてきました。
今年のファッショントレンドは「デニム」らしく、
デニムにデニム生地の上着を合わせるコーディネートが旬のようですね。
数シーズン先まで見越したファッショントレンド程、目まぐるしくありませんが、
勿論、インテリアにもトレンドがあります。

そんな、これからクるであろうと言われているインテリアトレンドが
「モダンスタイルのインテリア」
ここ数年は古材使いの家具やオーガニックテイスト、ヴィンテージスタイルの
どちらかと言えばスモーキーなスタイルがトレンドでしたが、
「シャープでエッジの効いたデザインのモダンスタイル」の復調が
世界的な兆しとして目に付くようになってきています。

「トレンド」は循環するものなので、この兆しも大きなトレンドサイクルの
変遷の一部ではあるのですが、2015年の「モダンスタイル」がどのように
ブラッシュアップされて普及されていくのか非常に楽しみです。

Black&White

個人的に「モダンスタイル」と聞いて連想してしまうのが、
「Black&White」のインテリア。

極力、色を排し陰影のメリハリでデザインを演出するスタイルは
非常に「現代的」な印象を受けます。

映画で言えば、今の時代に敢えて「モノクロで撮る」手法の映画のアプローチと
同質な物だと思います。

そこで今回はオススメのモノクロ映画をご紹介したいと思います。

「コーヒー&シガレッツ」

現代の映画映像作家、モノクロ映画ときてすぐに思い浮かんだのが
ジム ジャームッシュ監督。
監督のルックからしてかなりスタイリッシュですが、
撮る映画も無駄を削ぎ落とした台詞と映像でエッジの効いた作品を世に送り続けています、
近年はカラーの作品に移行していますが、
初期作とこの12年前の映画はモノクロの醍醐味を味わえる佳品です。
ただ登場人物たちがコーヒーを飲みながら
取り留めのない会話をしているだけの映画ですが、
画面を満たす小粋な空気はカフェインやニコチンのように中毒性がありますよ。

ジム・ジャームッシュ監督
ジム・ジャームッシュ監督

コーヒー&シガレッツ
コーヒー&シガレッツ

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

監督:アレクサンダー・ペイン
2014年に公開された映画で個人的にBest1だった映画です。
あまり日本では有名ではない監督ですが、(代表作は「サイドウェイ」「ファミリーツリー」)
とても丁寧に映画を撮る安定した職人気質の監督です。
今作はあまり抑揚のないストーリー且つモノクロの地味な映画なので
結構な割合で退屈だと感じる人も多いと思いますが、
響く人にはかなり心に残る作品になるのではないでしょうか。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

ガチのカントリーテイストと言いますか、裏アメリカ的な、いなたいインテリアは
反面教師的に参考になるかも知れません(笑)

「バーバー」

監督:ジョエル・コーエン
コーエン兄弟の2001年の作品。彼らの作品で一番好きな映画で唯一のモノクロ映画。
(カラー版もありますが、この作品は是非、モノクロ版で!!)
1940年代のアメリカングラフィティ的な時代の犯罪映画とされていますが、
僕的にはユーモアとペーソスに溢れたコーエン節全開の愛の物語だと思います。
主人公のビリー・ボブ・ソーントンのソリッドな魅力とモノクロのシャープな映像が
堪らなくハードボイルドで絶妙な雰囲気を醸し出しています。
インテリアもトラディショナルなアメリカンスタイルですが、映像と演出の巧さで
何となくスタイリッシュに見えてくるから不思議です。

バーバー
バーバー
バーバー

この他にも「シンシティ」「ランブルフィッシュ」などなど、
オススメしたいモノクロ映画は沢山ありますが、今回はこの辺で(笑)

先の「ネブラスカ」のアレクサンダー・ペイン監督があえてモノクロで撮った理由を
『象徴的、典型的な外観を生みだすため』と言っています。
これは
「家具の要素をミニマムにすることでデザインの訴求力を最大限に高める」
という引き算の美学に則った同じ源泉のアプローチですよね。
才能のある映画監督がモノクロの映画を撮る理由がここにあるように思います。

「白と黒」はデザインの素数のようなものですが、
逆に可能性を一番持っている組み合わせなのかも知れませんね。

このインテリアのトレンドがどんな鮮やかなインスピレーションを与えてくれるか
今から楽しみです!!

★リビングハウスの最新情報はfacebookから是非!★
LIVINGHOUSE official facebook

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMEND

    • #47 東京都 木佐様邸#47 東京都 木佐様邸
    • L-EDDA DINING TABLEL-EDDA DINING TABLE
    • L-EDDA SOFAL-EDDA SOFA
    • 限定300枚!オリジナルアートをプレゼント限定300枚!オリジナルアートをプレゼント