サローネブログ

レザーソファ : レザーの色々・・・(Natuzzi)

こんにちは。リビングハウスサローネの増田です。

10月ももう下旬、ハロウィンが近づき盛り上がってきましたね。

今回はレザーソファについて、特にレザーについてご紹介致します。
当店のレザーソファはイタリアブランドのNATUZZIのソファをメインで取り扱っております。

NATUZZIとは・・・

イタリアのソファブランドで、ソファブランドとしては大変めずらしく、自社工場で革のなめしから行っています。
その為、中間コストを削減しており上質なイタリアレザーがお求めやすい価格でソファになります。また、自社工場での革の生産を行うブランドだけあって革に対するこだわりが強いのも特徴。

レザーは全部で71枚

NATUZZI レザー

積み重ねるだけでもこんなに多くのレザーの中からあなたのお部屋にピッタリのレザーをお選び頂けます。

かと言ってもこんなに多くのレザーの中からどれが良いのかわからない・・・。悩んでしまう・・・。
そんなお客様も多くいらっしゃるかと思います。
そんな時は是非ご相談下さい。

大きく分けるとレザーは2種類に分類

①ナチュラルレザー

特徴:自然のままのレザーをそのまま染色のみで仕上げております。
その為、毛穴を残して入るため、通気性がよく使い込む程に 風合いが増してくる。
レザー本来のシワ・シボが残っているので自分だけのソファになります。

NATUZZI レザー
最上級ランクのレザー。触り心地が他のランクとは全く違います。是非一度ご体感を。

NATUZZI レザー
分厚いレザーでシボ(レザー特有のシワ)が大きく出るタイプをお選び頂ければ重厚なイメージのソファに。

NATUZZI レザー
他社ではあまり取扱の少ないオイルレザー。
染色のみのレザーに加工段階でオイルを浸透させているので大変なめらかなレザーに。

②プロテクトレザー

特徴:レザーに染色後、表面にウレタンで薄くコーティングを施したレザー。
色ムラが少なく、傷や汚れがつきにくくお手入れが簡単。

NATUZZI レザー 型押しをしているタイプであればシボも均一になります。

ちなみにNATUZZIレザーのなかで型押しをしているレザーは少なく大半が自然なシボを残しております。

NATUZZI レザー
なので実際にソファにした際にはこのように、ステッチ(縫い目)の左右でシボの違いが出ることも。

NATUZZI レザー
このようにレザー本来のシワがクッションに出る場合もございます。

しかしこれが、上質なレザーの証。

レザー表面を研磨し、型押しし厚く塗装すればこのような個体差は出ません。
しかしそのような場合、レザー本来の柔らかさは損なわれます。
傷の多い質の低いレザーの可能性も隠せます。

なのでこのような、自然のシワやシボ等が出ることも一つ楽しみにして頂ければと思います。

レザーについてもっと詳しく知りたい方は是非ご来店ください。
実際にサンプル等を触りながら、ご説明させて頂きます。

ご来店心よりお待ちしております。

★リビングハウスの最新情報はfacebookから是非!★

LIVINGHOUSE official facebook

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMEND

    • #47 東京都 木佐様邸#47 東京都 木佐様邸
    • L-EDDA DINNING TABLEL-EDDA DINNING TABLE
    • 体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!体験型インテリアショップ「WOODLAND」が福岡にオープン!
    • L-EDDA SOFAL-EDDA SOFA